待ちかねていたアメリカのTVドラマシリーズ、
「ウォーキング・デッド シーズン9」


前半の8話を観終わったところで
後半は…


来年2019年の2月まで待つのですか…



 



連続ドラマをこれだけの年数を跨いで
視聴するのは初めてかな、個人的な経験で。


皆さんはどのような視聴手段で
ご覧になっているのでしょうか。


私は途中までDVDをTSUTAYAでレンタルしていました。

ところが、ドラマにタップリとハマり
お話の先が気になって気になって。

そうなると最新話が国内で視聴したい。

FOXチャンネルを視聴できる環境、
例えば、CATVの有料チャンネルに加入していれば。

過去に加入していたのに辞めていた。

もう一度加入するかな…
と思っていたらドコモのdTVで
「ウォーキング・デッド」が視聴できる。

しかもFOXと同じペースでエピソードを配信。

途中で気付きました。

私はdocomoユーザーだったのに(笑)

しかもたったの月額500円。
TSUTAYAへ払ったレンタル料は何だったんだ…と(苦笑)


問題は…


「ウォーキング・デッド シーズン9」
から有料になったんだね。

加入料とは別にという意味で。

ドコモユーザーのdTV加入者でそのドラマ目的の方々は
みんな驚いたでしょうけど
払ってまで見るよね。

1話100円だし。

私も払いました(笑)

あと、amazonで視聴したエピソードもありました。
ポイントを持っていたので。

いずれにせよ、今から視聴しようかな、の方へは
ドコモを推薦しますけど。

シーズン8までは加入料のみでいくらでも視聴できますので。








そしてさらに、加入していれば
かなりの映画やドラマが視聴できるメリットが。

その時に別途料金が必要なくて配信されていれば。

先ほど1シーンを動画で紹介したのは
映画
『ジュラシック・ワールド』

2018年の今年になって続作が公開されましたけど
このシーンは感心しました。



ジュラシック・ワールド (字幕版)



感心というと偉そうですけど(笑)

『ジュラシック・パーク』シリーズを最初から
ご覧になっている方にはラプトルという中型恐竜は
俊敏性や集団行動から非常に厄介な存在とインプリント。

それらを人間がある程度、手懐けることが可能に…
が映画冒頭に。

それを信じ問題解決のため
ラプトルたちを利用することを決意。

スタートラインよろしく
ラプトルたちのゲートを開ける担当者が
気合を入れてボタンを押すのもいい(笑)

そうして先行し突進する4頭のラプトル、
それらの後発隊として人間たちが追いかける展開。

リーダー役の人間は4輪車を従えバイクで追走、
いつしか4頭の
ラプトルと並行して走り出すところを映像に。

バイクで疾走するリーダー役の人間が
4頭のラプトルを従え目標へ向かい走る。

よく考えたし、見事に映像にしたなと思いました。

左右にラプトル2頭ずつ並行させ、
その中心のクリス・プラット
(Chris Pratt)は作戦が成功しつつあると
バイクを運転しながら笑みを浮かべる。

その光景をモニターで見ている恋人。

さらにその光景を後ろから覗き見ている彼女の甥っ子たち。

兄の方が

「Your boyfriend’s a badass !」

「badass」とは「メッチャかっこいい」などを意味する
若者が使う俗語ですが
このシーンは観ていて私もそう思いました。

「かっこいい~~」と(笑)

それを聴いた(以前の)恋人、
ブライス・ダラス・ハワードBryce Dallas Howard)
笑みを浮かべるカットも良かったね。

自分の恋人が褒められるのは
悪い気分ではないですからね。

と書いてきましたが
この作品は先のdTVで初視聴でした。

dTVで無料視聴になったり
有料になったりしてますが、現在また無料なので
また鑑賞(笑)

まぁ、無料と言っても毎月、加入料は払っていますけど。