2019年最初の記事から既に…

はもういいかな(笑)

動画と言えば、youtubeを観る時間がほとんど。

数か月前に投稿したイタリア語など
言語より時事などが多いのですが
たまたま目にしたニックさんのチャンネル。






現役の英語学習者というより
ネィティヴ・レベルに近づける英会話ですか。

そちらを熱心に学習されている方々の中では
ニックさんは有名なのかもしれませんが
私は今さらながら提供している番組を知ることに。


そしてそれらを視聴し…

いやあ、驚きました。

分かりやすい。


20年前、いや10年前に知り合っていたら…

ってまだニックさんはいらっしゃらないか。

映画のスクリプトを読み、DVD等で数十、数百回と
視聴しても聴き取れない部分は多数。

この回でも出てきた「want to」が「ワナ」、
「going to」が「ガナ」などは
スクリプトでも発音表記というのか「wanna」等で記載されてるし
聴き取りやすく自然と自分でも使いがち。

ただし、「We`re」はスクリプトではそのまま。

なるほど、最短で「ウェ」か。

そう意識して聴き、自分でも機会毎に使えば…

って今のところ、無いな(笑)

自分の場合は、やはり、ストレス無く
映画やドラマを観たいだね、出来るだけ可能な範囲で。


それより、発音されていない音や結合などは
巷(?)で存在は確認されていても明確にこうです、
と解説されているものはあったのだろうか?

ネットが出来てyoutubeなど個人発信が可能になり
肩書よりも本当に有能な人が世に出れるようになったなと
つくづく思う次第です。







日本語にすれば同じ意味の動詞の使い分けも
なるほど、と。

さらに、「snatch」のスクリプトは読み直しつつ
DVDでもう一度観ようと思っていたんだと。






まだニックさんの動画チャンネルは観始めたばかりですが
映画で英語コーナーもあるし私のようなブログは不要かな…

と思いましたがニックさんの動画を観るには
最低限の知識は必要ですね。

中学生から英語を習い始めたならそれを含めての
量とでもいいましょうか。

「want to」を医者が使っても警官が使っても
会話では「ワナ」と言うと分かり、実際にそう聴きとれても
仮に両者が既婚者であったとし、自宅で奥さんとの会話では
同じ状況の可能性があり同じ意味を相手に言っている可能性が。

と、会話を聴きとれなくても事前に予測が可能な時も。

ところが、前者が手術中、後者が犯人を尋問中の
会話で使うとその意味は全く異なることが
そのフレーズが言葉で発せられる前から予想可能。

で、何を知っておけば
その作品がもっと楽しめるかも…
のようなことが書ければな、との個人的目標(笑)